技術系/ITINTERVIEW

作田晴朗

業務管理部ITチーム

作田 晴朗(30歳)

  • エキスパート
  • 会津大学 コンピュータ理工学部
  • 中途採用
~責任のある仕事を任される、大きな喜びがあります~
責任のある仕事を任される、大きな喜びがあります

業務管理部ITチームに所属し、主に担当しているのは、ERP基幹システムや設計構成システムなどのシステム設計、開発、保守業務などです。各部門から、システム開発や改善要求を受け、それを細かく分析し、開発を進めていきます。一番大切にしていることは、利用者にとって使いやすいものになっているかということです。要求されたことはもちろん絶対に守らなければいけませんが、それ以外のことにも細かに気を配るよう努めています。その人がどのような業務をしているのかをしっかり把握し、そこにフィットしているシステムができているか。不便を強いることなく使いやすい、そんな仕組みを作ることを常に考えながら日々励んでいます。

~モチベーションが上がり、成長を実感できる企業を求めて~
モチベーションが上がり、成長を実感できる企業を求めて

JCSに入社して約3年になりますが、それまでは東京で4年間、Slerの会社で、同じようにシステムを作る仕事をしていました。しかし大きな会社であったため、携われるのはプログラミングのみ、またはテストのみ、というシステム開発工程の一部だけ。

img4

実際に利用者からの声が聞けないので、本当にこのシステム設計でいいのかという正解もわからず、自身の中で違和感をため込んでいました。そんな時に、転職支援のエージェントの方から紹介していただいたのがJCSでした。システム利用者の生の声が聞けるところ、そして自動車部品業界というグローバルな世界でITシステムが実際に設計できること、主にこの2つに魅力を感じ、入社を決意しました。

「便利になった」という声に確かな手応えを感じる
「便利になった」という声に確かな手応えを感じる

前の会社との比較にはなりますが、まず利用者の声が聞けること、これがとても大きな変化でした。「本当に使いやすいものは何か」を話し合い、コミュニケーションを取りながら情報システムを作り上げる喜びがあります。またJCSは海外に拠点があるので、日本国内だけではなく他国でシステムを使用してもらえるのも非常に嬉しいことです。

img6

周囲の方から「手が楽になったよ」という言葉を聞くと、やりがいを感じますし、もっと良いシステムを作ろうという気持ちになります。また、生活が変わりプライベートも充実しました。JCSでは定時で早く帰宅でき、年休の取得目標も決められています。この仕事が不安だと思うことも一切なく、楽しく仕事に取り組めています。

~最先端技術を導入できるようスキルアップしていきたい~
最先端技術を導入できるようスキルアップしていきたい

現在の情報システムのトレンドは、IoT、ビッグデータなど最先端のテクノロジーを導入する傾向が強くみられます。今後の更なる飛躍を目指すために、そのような新技術を武器にしていかなければならないと考えています。私個人でも、そのような専門的なスキルを磨いていかなければと常日頃から強く感じており、そのため県外で開催されるセミナー等に積極的に参加し、新しい情報を常に仕入れるなど、努力を惜しまず続けることを大切にしています。また今後は、ここまでサポートしてくれた上司の方々を見習いながら、自身も人を育てられるような存在になれたらと思っています。